クーリング・オフ

クーリング・オフ

スポンサード リンク

クーリング・オフとは、消費者が契約を申し込んだり締結した後、一定期間内であれば無条件で契約解除できる制度をいいます。

そして民法では、詐欺・強迫・行為無能力などの事由がなければ契約を取り消せず、債務不履行・その他法定の解除事由がなければ契約解除できませんが、これらの規定に例外を認めたのがクーリング・オフです。

ただしクーリング・オフができる要件として、指定商品の割賦販売行為、営業所以外の割賦販売行為、契約書面を受け取ってクーリング・オフを知った日から8日目までであること、書面で業者へ通知していることが挙げられます。

一方、クーリング・オフができない場合として、営業所での契約の申込、指定商品以外の割賦販売行為、撤回・解除期間の8日間の経過、政令で指定された商品の使用・一部消費、割賦代金を支払った場合、自動車や運搬車の場合、購入者に商行為となる場合が挙げられます。