クレジットの種類や基礎知識について

クレジット契約の仕組み

スポンサード リンク

クレジット契約は、割賦販売や自社割賦という二者間クレジットもありますが、最近一般的になっているのが、割賦購入あっせん契約という三者間クレジット契約です。

そして三者間クレジット契約は、販売店・信販会社・消費者の三者の関係で成り立っています。

具体的には、消費者が販売店から商品を購入した場合、信販会社が販売店に商品代金を一括して支払い、消費者は商品代金に手数料を加算した額を、信販会社に対して分割して支払います。

また三者間クレジット契約は、商品代金である点で割賦販売とは異なり、消費者は販売店との間で商品の売買契約と、信販会社との間で立替契約を締結します。

さらに販売店と信販会社との間では、あらかじめ加盟店契約が締結されています。

このようにクレジット契約は、消費者にとって複雑で分かりにくいことが盲点となり、名義貸し・空売りなどの集団クレジット被害が発生するケースがあります。